京都を中心に活動するニット・アーティストatricot(アトリコット)のHPです。ニット作品やオリジナル手紡ぎ糸、ニットカフェ、レッスン動画、羊や糸紡ぎなどについて紹介しています。

works / itoito atricot

ニット&羊 atricot.jp


works / itoito atricot

top > works / itoito atricot

itoito atricot


itoito atricot

現在、紡ぎ糸の販売は行なっておりません。
よろしくご了承ください。

紡ぎ糸の値段について

毛糸の種類によって値段は異なりますが、まとめ買いをされるとお得になります。
300g~600g 定価の1割引
600g~ 1kg 定価の2割引
です。
なお、すべて手作業でつくっていますので、一度のご注文は1kgまでとさせていただきます。
在庫がない場合はできあがりまでに1~2週間程度かかりますが、ご容赦ください。

紡ぎ糸の特徴

atricot の紡ぎ糸はすべて手動の糸車で紡いでいます。素材を大切にしたいので、一本一本空気を含ませながら、紡いでいます。そのせいで、軽くて暖かい糸ができます。甘撚りなので、引っ張るとすぐに切れてしまう箇所もありますが、編み上げてしまうと、使ううちに毛同士がなじんでいくので、編み上がったものの強度に問題はありません。 羊毛には種類によって弾力性や柔らかさ、ぬめりや光沢があったりなど、特徴があるので、詳しくは毛糸の説明をよくお読み下さい。
全体的に太さは並太と極太のあいだくらいで、市販で棒針10~12号と表示されている糸くらいの太さです。毛糸のページにも使用棒針の号数が書いてありますので必ず確認してください。甘撚りでふんわりしているので、記載しているの針の号数より、ある程度細い針できつめに編んでも、大きめの針でざっくり編んでも、なじみます。お好みにあわせてお使いください。基本的にはその太さなのですが、毛糸によっては15号棒針~8ミリジャンボ針ぐらいで編める極太サイズの糸もおつくりできます。その際は必ずお申し出下さい。
ただし、羊毛のコンディションや指の加減によって、1玉の糸でも、太いところと細いところが出てきます。若干のゲージの差はご容赦ください。セーターなど、100g以上お使いになる場合は、1玉ずつよりもお使いいただく分量を一度にご注文されることを、お勧めします。

自然色の糸(natural)について

染色されていない毛糸は、羊本来の色や風合いが出るように紡いでいます。脂を落として洗ってありますが、若干汚れが残っているものもあります。気になるようでしたら、かせにした糸、あるいは作品を完成させたあとに、中性洗剤を入れたぬるま湯につけて、押し洗いをしてください。汚れがキレイに落ちます。また、ぬるま湯につけたり、スチームアイロンをかけたときにムワッと匂いがするものもありますが、もちろん羊の匂いです。乾くと匂いはしませんので、ご安心ください。メリノ、サフォーク、ロムニーなど、羊の種類によって糸の特徴が違ってきます。弾力があったり、しっとりとしていたり…、ぜひ触れて実感してみてください。


works
mix gypsy mix gypsy mix gypsy mix gypsy mix candy mix candy mix candy mix candy mix gelato mix gelato mix gelato mix gelato mix tibet mix tibet mix tibet mix tibet mix
# tchavolo tchavolo tchavolo tchavolo
# frizzy frizzy frizzy frizzy

works / itoito atricot

top > works / itoito atricot
go to top

  • contact
  • sitemap
  • privacy policy