京都を中心に活動するニット・アーティストatricot(アトリコット)のHPです。ニット作品やオリジナル手紡ぎ糸、ニットカフェ、レッスン動画、羊や糸紡ぎなどについて紹介しています。

hitsuji / atricot、牧場へ行く

ニット&羊 atricot.jp


hitsuji / atricot、牧場へ行く

top > hitsuji / atricot、牧場へ行く vol.2「淡路島ファームパーク」編

hitsuji / atricot、牧場へ行く vol.2「淡路島ファームパーク」編


volume 2 「淡路島ファームパーク」編
(2006.9.24)

淡路島ファームパーク

前回、六甲山牧場で初めて羊とご対面してから、すっかり羊にハマってしまったatricot。たまたま家族で旅行に出かけた先に羊がいるという情報を聞きつけて、いやがる家族を無理矢理連れていかせてしまったのでした。
今回行ったのは、淡路島にある「淡路ファームパーク イングランドの丘」という施設。羊だけでなく、コアラやポニー、何十種類もの珍しい鳥やはたまた亀までいたりして、見どころが盛りだくさんでした。
2006.9.24に行ってきました!

まずは柵のなかの子羊とご対面!動物キライの妹に「うわ~かわいい!」と言わせるその愛らしさ! さすがは子羊クンです。おぼつかないモコモコの足やクリクリッとした目と長いまつ毛がなんともいえずにかわいいです! しかし、久しぶりの再会に感動しているatricotをよそに、彼はず~っと下を向いて草を食べていました。
淡路島ファームパーク

柵で仕切ってある「羊との触れ合いコーナー」を見つけたので、早速、柵のなかに入り、羊に触りまくるatricot。しかし、羊クン、こいつはエサを持っとらん! とわかった途端、プイと背中を向けてしまいました。まったくつれない羊クンです。
淡路島ファームパーク

あまりの羊クンのつれなさに、このままでは終われん!ということで、妹にエサを買いにいってもらいました。その様子を建物の陰からうかがう羊クン(笑)
atricotからの視点では、建物から顔だけひょっこり出しているので、思わず吹き出してしまいました。
淡路島ファームパーク

柵のなかに戻ったatricotを完全に無視して、エサを買いにいっている妹を待ちきれずに入口に向かう羊たち。なんともゲンキンなやつらです。
淡路島ファームパーク

エサを妹から受け取った瞬間、いきなりアグレッシブになった羊。すぐさま、私の手からエサを奪い取り、バクッと食べてしまいました。エサはもなかのような皮のなかに、ドッグフードのような固い豆粒状のものがコロコロと入っています。
淡路島ファームパーク

すぐさまエサを平らげると、ずっと「触らないで!」というかんじでつれなかった羊クンが、おねだりしてきました。どれだけ触っても、こんなふうに「ちょうだいちょうだい」ってしてきます。ほんとになんてゲンキンなやつら! むぅ~、かわいすぎる!
淡路島ファームパーク

それを見ていたべつの柵のなかにいて外に出られない羊が、こっちを見ています。むぅ~、おまえもエサがほしいのか…。
淡路島ファームパーク

とうとうぬぅっと顔を出してきました(笑) エサがほしいのね…、やばい!かわいすぎる!
でも、羊の目って黒目が長くて、ずっと目が座っているように見えるので、あんまり説得力がありません(笑)
淡路島ファームパーク

べつの場所で羊の追い込みショーをやっていたので、どんなものかと見学しました。
広い草原で散らばっている羊の周りを犬がグルグル走って徐々に羊たちをひとかたまりにして、そのままグルグルまわりながら、柵に近づいていきます。ある程度、柵と羊の距離が近づいたら、飼育員のおねえさんが「柵に入れろ」という指示を出し、一気に柵へ追い込みます。写真は、追い込んで柵に入れる瞬間です。結構、迫力がありました。
淡路島ファームパーク

人から犬へ指示を出すとき、この犬笛を使います。この笛、吹きかたが何パターンかあるらしく、その音で犬はどんな指示かを判断するのです。ほんと、犬って賢い!そして羊はただボーッとされるがまま(笑)
早速、atricotも犬笛を購入しました。しか~し!吹くのにはある程度の技が要るらしく、どれだけ練習しても一向に音すら出ませんでした…。羊への道は厳しい!
淡路島ファームパーク

はてさて、柵に入れられた羊クンたちは落ち着かない様子。エサももらえないし、なぜ柵に入ったのかもイマイチわからないから、入口に向かってはキョロキョロして、とっても挙動不審です(笑)
淡路島ファームパーク

飼育員のおねえさんが柵を開け、おそるおそる出たものの、やはり彼らは犬が気になる様子。写真右端に犬がいますが、羊たちが彼を意識しているのが、よ~くわかります。そして、柵から出たり入ったり、まだ挙動不審です(笑)犬と羊の関係がよくわかりますね。
淡路島ファームパーク

犬がいなくなった途端、ワラワラと柵から飛び出す羊。授業が終わる寸前、先生の隙を見計らって運動場に飛び出すやんちゃな小学生みたいです(笑)
そして羊たちはまた広い草原へと散っていきました。
淡路島ファームパーク

その一連の出来事をしれっと見ているダンディなヤギ。
淡路島ファームパーク

今回の羊とのご対面も、相当楽しいものになりました!そこにいる時間があまりとれなかったのが残念でしたが、時間があったら、ず~っとそこにいるような気がします(笑)犬のように人間の意思がわかるわけでもないし、一緒に遊んだりじゃれるでもなし。…なのに、なぜか飽きないのです。触り心地のいいモコモコの毛や、基本的にボーッとしているスローな動きに癒されてしまうんでしょうね。忙しい日々のなか、ふと、ムショーに会いたくなってしまうときがあるのです。そんなわけで、この「atricot、牧場に行く」シリーズは、まだまだ続きそうです(笑)fin.


hitsuji / atricot、牧場へ行く

top > hitsuji / atricot、牧場へ行く vol.2「淡路島ファームパーク」編
go to top

  • contact
  • sitemap
  • privacy policy